子供の衛生習慣を教える4つの方法

もちろん、誰もが、きれいに磨かれた白い歯と手入れの行き届いた髪の、清潔で香りの良い子供を見るのが大好きです。しかし、子供にとって入浴時間とブラッシング時間は負担が難しいように思われますので、子供に良い衛生習慣を維持するよう説得することは困難です。

子どもたちが成長し、他の人が良い衛生状態の兆候を本当に気にしていることに気付くまで、これらの習慣を実践するように教えることは多くの努力と忍耐を必要とします。そのため、この課題に対処する方法を学び、子供の衛生習慣を教える4つの方法を学びます。

1?基本から始める

子供たちに手をよく洗うように教えることは、最初に実践する習慣の1つです。簡単にするために、タスクを楽しいものにします(ちなみに、それは衛生的な習慣で行う必要があります):子供が手を洗っている間に歌を歌い、小さな子供たちにアピールするカラフルで匂いのある石鹸を使用し、同様に参加します。習慣を楽しくするだけでなく、励みにもできます。


さらに、親は子供に効率的に手を洗う方法を説明する必要があることに注意することが重要です。手洗いをする最善の方法は、例を設定してタスクをデモンストレーションすることです。また、手洗いを定期的に行い、子供に1日に数回練習することを思い出させます。

2?例を設定する

親の例は、手洗いのタスクだけでなく、すべての衛生習慣に関しても重要です。若者は、重要であることに加えて、家族から始めて、この種の仕事をだれかの日常から切り離すことができないことを理解する必要があります。

したがって、衛生習慣を観察し、歯を磨いたり、顔を洗ったり、髪をとかしたりする際に両親を観察できるようにしてください。別の提案は、衛生習慣を実行している間に起こっていることすべてを声に出して言うことによって、タスクを導くことです。


3?衛生習慣の重要性を説明する

健康と病気の予防の問題を導入するための口実として衛生習慣を利用してください。たとえば、多くの病気は、たとえば1日数回手を洗うだけで予防できることを説明します。

4?特別なオブジェクトを入手してください

子供に衛生習慣を身に付けるよう促す効果的な方法は、味の良い歯磨き粉から電動歯ブラシに至るまで、何か特別なことを通して子供をやる気にさせることです。

絶対に虫歯にならない方法5選!簡単すぎる習慣を行うだけで一生自分の歯で噛める! (四月 2020)


  • ティーンズ、チルドレン、ティーンズ
  • 1,230