子供用ワクチンについて明らかにされた7つの神話

子どもの誕生に伴い、両親の主な懸念の1つは予防接種に関するものです。ワクチンは、免疫系を刺激して、考えられる病気と闘うことができる抗体を産生するように設計されており、子供の健康にとって非常に重要です。

ワクチンはさまざまな方法で開発できます。 1つは、病気の原因となるウイルス自体または別の同様の不活性または弱毒化された薬剤を含めることです。これは、ワクチンの効率、安全性、品質、およびそれらが子供の健康に何らかの影響を与える可能性があるかどうかを疑問視する問題を取り巻くいくつかの問題の1つです。

以下のリストには7つの解明されていない神話が含まれており、ワクチンとその重要性に関する質問が明確になっています。それをチェックして調べてください!


神話1:予防接種は早すぎます。

実際、生後2年以内に摂取すべきワクチンは数多くあり、一部の親は予防接種の開始が早すぎると主張しています。ある調査では、調査対象の親の23%がカレンダー上のワクチンの数について質問し、25%が子供の免疫系を弱めることができるかどうか疑問に思っていました。イスラエルのアルバート・アインシュタイン病院の予防接種クリニックのコーディネーターであるアルフレド・ギリオ博士によると、これは神話であり、早期予防接種は免疫系を損傷しません。今日、子どもたちは以前よりも多くのワクチンを受け取っていますが、子どもたちに含まれる抗原の量はかなり少なく、専門家はそれが安全な量だと言います。

神話2:ワクチンは100%効果的です。

多くの人は子供に予防接種を行い、次の予防接種まで完全に保護されていると信じています。しかし、Dr。Giglioは、ワクチンの100%の有効性は保証できないと主張しています。これは、人々の免疫系は薬物に対して異なる反応を示すためであり、さまざまな理由により、一部の人々はワクチン接種対象の疾患に対する免疫を発達させない場合があります。現在のワクチンは、子供の約85〜95%に免疫をもたらしますが、この保護は永久に持続せず、一部の個人にとっては完全には発達しません。したがって、ワクチンが100%有効であることを保証することはできません、これは神話です。

神話3:ワクチンは完全に安全です。

世界中で最も一般的な処方薬でさえ、一部の人々に否定的な反応を引き起こす可能性があります。ワクチンも同様です。それらは非常に安全ですが、副作用がないとは言えません。一部のワクチンは、一部の人に不快感を引き起こし、時には低熱を引き起こすことが一般的ですが、深刻な副作用を引き起こすことは非常にまれです。ただし、子供が以前にワクチンに反応したことがある場合は、医師に相談して、次のワクチンの進め方に関する疑問やアドバイスを明確にしてください。


神話4:ワクチンには、有益というよりも有害な有毒化学物質が含まれています。

これは、この主題に関するもう1つの神話です。ワクチンには、水銀、アルミニウム、その他の防腐剤などのさまざまな化学物質が含まれていますが、これらの薬剤にはそれらの添加が不可欠です。さらに、これらの物質の量は最小限であり、病気が引き起こすリスクは、少量の防腐剤が提供できるリスクよりも無限に大きいことに留意する必要があります。

神話5:ワクチンは彼らが守るべき病気を引き起こす可能性がある。

実際、この声明は部分的にのみ神話です。ワクチンの大部分は不活性なウイルスで作られており、リスクはありません。これらのウイルスには、病気を引き起こすのに必要な因子を変換および増殖する能力がありません。はしか、おたふく風邪、風疹、黄熱、インフルエンザワクチンなどのワクチンは、今日ではすべて無効であり、患者が病気にかかることはありません。

サブユニットワクチンと呼ばれる第2のタイプのワクチンがあります。彼らはまた、病気を引き起こすリスクがなく、一般的に副作用が少ない。ジフテリア、HPV、B型肝炎、髄膜炎菌性疾患、破傷風はすべてサブユニットワクチンの例です。


最後のタイプは弱毒化ワクチンです。つまり、弱毒化されたウイルスだけが含まれており、それだけでは病気を引き起こすことはできません。しかし、弱毒化された病原体は変異し、場合によっては病気を引き起こす可能性があります。このリスクは健康な人では非常に低いですが、免疫系が損なわれた人にワクチンを投与する場合は考慮すべきです。現在、ポリオワクチンのバージョンであるA型肝炎と狂犬病ワクチンは弱毒化ワクチンです。

神話6:絶対にすべての人が予防接種を受けるべきです。

大多数の人々がすべてのワクチンを入手することは重要ですが、ワクチンを接種してはならない人もいます。たとえば、病気の子供には決してワクチンを接種すべきではありません。また、過去にワクチンに深刻な反応を示した人は、将来再びワクチンを接種すべきではありません。ワクチン接種が推奨されない他のグループは、成分のいずれかにアレルギーのある人、妊婦、HIVまたはAIDSの人、または癌治療を受けている人です。

神話7:ワクチンは自閉症を引き起こす可能性がある

この神話は1990年代に広がり、出版物がトリプルワクチン(はしか、おたふく風邪、風疹に対する)が自閉症の原因になると示唆しました。しかし、この声明は科学に基づいたものではなく、その後、世界のさまざまな地域でのいくつかの研究が神話であることが判明しました。

子供へのワクチン接種について質問がある場合は、医師に相談してください。

Kent Hovind - Seminar 1 - The Age of The Earth [MULTISUBS] (四月 2020)


  • 予防と治療
  • 1,230